1. TOP
  2. ビジネス・起業・仕事術
  3. 【保存版】ゼロからネットショップを開業するための方法
Sponsored Link

【保存版】ゼロからネットショップを開業するための方法

ビジネス・起業・仕事術
この記事は約 7 分で読めます。 365 Views

ネットショップを開業して、好きなものを売れたら楽しいですよね。

自分で構築したネットショップを運営するのは、メルカリやAmazonなどのプラットフォームを使って物販をするのとはまた違った面白さがあると思います。

なぜなら、ネットショップで自分自身の世界観を作りこむことができるからです。

メルカリなどのプラットフォームを使えば手っ取り早く商品が売れるにもかかわらず、やはり自分のネットショップを運営をしたいという方はそうした楽しみのほうを大事にしているからではないでしょうか?

今回は、実際にネットショップを運営していた経験からネットショップを開業する方法について語っていきます!

 

Sponsored Link

まずは商材を決めよう!

商品がなければ、ネットショップは成り立ちませんね。

お店は商品を売るためのものであり、ネットショップは商品を売るビジネスです。

商売の基本は、「安く仕入れて高く売る」ことです。

仕入れ値と売値の差額が利益になるわけですから、この方程式が成り立たなければネットショップは成り立ちません。

商材を見つけるには?

利益が取れるように、売値より安く仕入れることのできる商材がなければネットショップを運営することはできません。

利益率の幅が大きくなければ薄利多売になってしまい、受注や発送作業で忙殺されるのに儲からないというパターンに陥ります。

また、当然ながら売れる商品でなければ同じように成り立ちません。

いくら利益率が高くて、1個売れれば100万円も儲かる!という商品を持っていても売れなければ意味がありません。

売れる商品を売れる値段で出して、しかも利益率もある程度以上高くなければならないのです。

仕入れがすべての始まり。

良い商品とは継続的に売れる商品のことです。

継続的に売れる商品とは、顧客のためになる商品のことです。

そうした商品を安く仕入れるためには、仕入れが上手くできなければなりません。

ハンドメイド品を売る場合でも、材料となる質の良い素材をやはり仕入れなければなりません。

ネットショップ開業の成功は、仕入れから始まるのです。

仕入先というのはシークレットであることが多く、自分で見つけなければなりません。

検索すれば出てくるネット仕入れサイトなどは割高なことが多いです。

やはり、自分だけがつかんでいる独自の仕入れ先を見つけることが必要となってきます。

独自のコネクションで探す、海外から探すなど、良い仕入れ先を思案して探してみましょう。

 

ネットショップのwebサイトを作る

さて、仕入れができるようになったら次の問題はどのようにネットショップのwebサイトを作るかです。

独自でwebサイトを作って売るか、BASEなどのネットショップ作成サービスを利用して作るか、楽天のようなショッピングモールを使うかという選択肢が考えられます。

どのように作るにしても、「集客」という問題と密接に繋がっています。

集客ができなければどんなに売れる商品を売っていても、どんなに優れたwebサイトを持っていても、まったく商品は売れません。

SNSから顧客が集められる、SEOに強く検索結果から顧客が集まる、すでに人が集まるプラットフォームなどを持っているなど、
自力で集客ができる方ならショッピングモールに頼らずに独自のwebサイトを構築したり、BASEでネットショップを開業するのがいいでしょう。

自力で顧客を集めるのが難しい方は、楽天やヤフーショッピングなどのショッピングモールに出店をするしか考えられません。

しかしこうしたショッピングモールは出店料や店舗の維持費が高く、利益が確保できなければ赤字になるばかりか、利益が出ても大きなマージンを取られてしまうということは考慮に入れなければなりません。

集客をするには?

ショッピングモールに出店をする場合、ほぼ自動的に顧客がネットショップを訪れてくれます。

ショッピングモールの場合は、商品名に具体的な商品名や商品の特徴を入れるなど、ショッピングモール内でされる商品検索に引っかかるようにしていくことが求められます。

また、ショッピングモール内での高額な広告出稿などもあり、費用対効果で見合うと判断できれば広告を出すのもありでしょう。

ショッピングモールに頼らずに集客をする場合は、様々な集客方法が考えられます。

いずれにしても集客のハードルはショッピングモールよりも上がりますが、マージンなどが取られないぶん利益率は格段に上がります。

自分で集客ができればそれに越したことはないわけですね。

SNS集客

ファンが付けば最も効果を発揮するのがSNS集客です。

インスタグラムやフェイスブックなど、商材によって適したSNS媒体は異なります。

ファッションなど、画で魅せるタイプの商材はやはりインスタに向いているでしょう。

ビジネス商材などはフェイスブック向きです。

SNSアカウントを育て、SNS運用に成功をすればコストゼロで顧客を集めることができます。

広告から集客をする

集客をするために、広告を出稿するという方法があります。

広告の費用対効果を計測し、黒字になるならばどんどん広告を使うべきだと思っています。

広告にはGoogleアドワーズの広告や、Facebook広告などがあります。

Googleアドワーズの広告は検索結果に広告を表示させることができます。

Facebook広告は年齢や地域、性別などで絞り込んで広告を表示させることができるのでおすすめです。

予算があるなら広告運用はプロに任せたほうがいいかなと思っています。

検索結果から集める

ネットショップで売られている商品を購入する人が検索をするキーワードで上位表示されていれば、顧客が検索結果からどんどんやってきます。

マイナーな商品ほど検索上位を争うライバルが少なくなるため、マイナーな商品かつ検索結果から顧客獲得が見込めるようなものなら迷わずSEO対策に力を注ぐべきです。

SEO対策とは、検索結果で上位を狙うための施策のことを意味します。

 

継続できる運営をしよう!

せっかくネットショップを開業しても、ほとんどの人たちがすぐにネットショップを閉めてしまいます。

ネットショップ運営を継続するのは非常に難しいのです。

固定費のかからない運営をしましょう。

固定費とは、お店を維持するだけで毎月かかる費用のことです。

こうした費用をできるだけ抑えて運営をすることが、長く運営を続けるコツです。

ネットショップ運営にかかる費用を洗い出し、固定費を抑えた運営を目指しましょう。

楽天などのショッピングモールは固定費が割高なため、固定費を抑えたい場合はおすすめはできません。

固定費が高いと、事情などがあって一時的にネットショップをお休みにしている間でも高い費用がかかってしまいます。

薄利多売はきつい。

ネットショップ運営は、受注作業や梱包・発送作業の手間が最もかかります。

薄利多売であればあるほどこれらの手間は増していくので、特に1人で運営をする場合薄利多売はおすすめしません。

やはり長くネットショップ運営を続けていくためには、時間的余裕のある運営をしていかなければなりません。

ある程度以上高額の商品で、きちんと利益の取れる商材を扱いましょう。

 

まとめ

ネットショップを開業するために必要不可欠な骨子を解説していきました。

自分の好きな商材を扱い、自分の世界観を表現するようなネットショップを開業し商品が売れていくのは楽しいものです。

本記事を参考にして、素晴らしいネットショップを開業してください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ダンシーズ(DANXYZ)|仕事術・ライフスタイル・副業情報ならの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダンシーズ(DANXYZ)|仕事術・ライフスタイル・副業情報ならの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

古田 徹

古田 徹

【練馬区出身 / 東京23区在住】

紹介文:web制作や交流会の運営、提携先企業でのプロジェクトなど、様々な仕事をこなしていく傍ら、スキマ時間を利用してライティングをこなすwebライター。
ライティング中は必ずアニソンを聴いている。

コメントを残す


この人が書いた記事  記事一覧

  • うつ病予防に!疲れた精神を癒す方法8個!

  • 三日坊主はもうおしまい!早朝ジョギングを続けるコツとは?!

  • ダメ社員で困っている?仕事が出来ない人をグイグイ伸ばす教育法を、どこよりも詳しく徹底解説。

  • 【ウイスキーを自宅で優雅に楽しむ方法】女性が思わず惚れてしまうほど詳しくなれるよう、徹底解説します。

関連記事

  • 【Amazonで小口出品にしようか迷ってる?】あなたのための判断基準をご紹介。

  • ノート型パソコン選びで迷ってる?ビジネスで活躍する機種は、こう選ぼう!

  • 【資金1万円で起業!】簡単に始めて大きく稼ぐことができる方法を徹底解説

  • 会社に頼らず生きていく!個人でできる仕事一覧。

  • 【開業届の書き方】これだけ見れば書ける!税務署提出時の注意点も。

  • 【アフィリエイトで稼ぐ方法】最も稼ぎやすい手法はどれ?いまどきの最新情報を公開。