1. TOP
  2. マネー・副業・投資
  3. 【投信とは?】意外と詳しく知られていない安全な株式投資についてのご紹介
Sponsored Link

【投信とは?】意外と詳しく知られていない安全な株式投資についてのご紹介

投資の方法の一つとして、投資信託、略して投信といわれている方法があります。

株式投資と比べるとあまり一般的ではありませんが、初心者や投資に興味がない人でも、長期スパンで確実にお金を増やすことができる投資方法なんです。

ネット証券が台頭したことにより、ネット証券のホームページで誰でも手軽に購入することができるようになった投資信託で、あなたも将来の資金を安全・確実に増やしていきませんか?

 

Sponsored Link

投信って?

投資とは投資の方法の一つです。

一般的に、投資は投資する人が一つの銘柄の株式や債券などに投資しますが、投信は、投資家は特定の株式ではなく証券会社等にお金を預け、証券会社等はその集めたお金を一つの大きな資金にまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資し運用します。

運用結果は、投資額に割合に基づき投資家に返還されます。

小さなお金でもたくさん集まれば大きなお金になるので、様々な投資手法が使えるので、個人で投資するより効果的な投資ができるようになります。

ただし、あくまでも投資の一種なので、運用結果によっては元本割れになる可能性あります。

 

投信のメリット

運用の専門家が運用するから比較的安全

個人で有望な株式や債券を選択するためには、株式に対する様々な勉強をし、様々な情報を集め、的確なタイミングで売買するなど、結構大変な作業が必要になります。

投信の場合は、投資家はお金を投資の専門家に預けて運用してもらうことになるので、投資家自体は投資の知識があまりなくとも、専門家の高度な知識の恩恵を受けることができるのです。

元本が保証されてないが損はあまりない

あくまでも投資の一種ですから、儲かるときもあれば損をするときもあるりまます。

投資の専門家が運用していますから、個人で投資するよりはるかに安全であるのは確かです。

貯金感覚で投資が可能

株式投資の場合、1,000株とか100株とかの最低購入単位が決まっているので、購入には数十万円のある程度まとまったお金を用意しなければなりませんが、投信であれば、1万円から気軽に購入でき、自動引き落としにより毎月自動的に購入家のなので、まるで定期預金のような錯覚に陥ります。

 

二種類ある投信

比較的安全な投資信託ですが、投信信託の投資方法には、アクティブ投資とインデックス投資があります。

高い利益を得られるアクティブ投資

アクティブ投資は様々な投資手法を用いて、市場平均価格より上の運用利益を得ることを目的としたファンドです。

運用にあたっては、どれくらいの利益とか配当を目指すなどの指標(ベンチマーク)が決められ、そのベンチマークを超えるように、運用担当者が様々な投資をしていきます。

インデックス投資比べると、利益や配当が大きくダイナミック感があるので、投資をしている気分が高まります。

投資のための担当者がいるので、担当者人件費だったり、インデックスを達成するために、比較的短期間に株式の売買をするので、運用コストが高くなるという欠点があります。

長期で保有していると運用コストが負担となり、せっかくの利益が運用コストで消えてしまうという問題もあります。

利益は低いが確実に増やせるインデックス投資

インデックス投資は、高い利益を得ることはできませんが、安心・安全な投資方法です。

インデックス投資とは、市場の動きを表す日経平均225とかTOPIXやアメリカのダウ指数などに連動するように投資する銘柄を入れ替えて投資する投資方法です。

株式市場は長期的に見れば平均値が成長していくので、インデックス投資の答申は長期間保有していれば必ず値上がりするのです。

10年単位の長期で投資すれば、ほぼ間違いなく銀行預金より高い利率を得ることができます。

ただ、長期保有することが前提なので、一度購入したら、ひたすら我慢して持ち続ける必要がありますので、短期的に必要になる資金を運用して利益を得るという用途には向きません。

 

実際の投信を購入してみよう!

ネット証券で簡単に購入できる

実際にアクティブ投資やインデックス投資で投資しようと言ったば場合は、証券会社で好みの投資信託を購入することになります。

オンライン証券会社のホームーページには投信のコーナーがありますから、そこから自分の好みにあった投信を購入します。

証券会社のメニューを見ると様々な投資信託商品があって迷ってしまいまいますが、現在の株価や社会情勢を考えながら選んでみるといいでしょう。

購入は数量か金額のどちらか

答申を買う単位は、数量を指定する「口数指定」か金額で指定する「金額指定」で購入することになります。

口数指定での購入は、現時点での投信の単価に基づき計算した金額で購入します。

金額指定は、投信が他の投資方法と異なる特徴的点です。購入金額を定めて購入することができることです。

金額指定で小額から購入可能

投信は1万円前後から購入可能なものが多いので、小額から手軽に始めることができます。

しかも多くの証券会社では、毎月同一金額で自動引き落としで投信を購入することができるので、まるで貯金感覚で投信

を購入することも可能です。

同一金額で購入すれば安心・安全

同一金額で購入していくと、購入する投信の単価が低いときは投信の購入数量が多くなり、逆に高い場合は数量が少なくなります。

このような購入方法はドルコスト平均法と呼ばれ、投信でより安全・確実に投資額を増やす方法として、多くの投資家が使っている方法です。

 

インデックス投資とドルコスト平均法で安全・確実

株式市場は常に成長するという考え方に基づき、インデックス投信をドルコスト平均法で購入すれば、長期的には確実に設けることができ、定期預金の利率なんか比べ物にならないくらいの実績を得ることができます。

なぜドルコスト平均法がいいのか

ドルコスト平均法とは、株式や債券を投資する場合に、一定の金額で購入できる数の株式や債券を購入する方法です。

商品を購入する場合は、どうしても数量を重視して購入しますが、株式や債券などの場合は、購入時期により金額が上下しますので、一定数を購入しても購入金額が上下します。

ドルコスト平均法の場合は、購入金額が一定ですから、金額が安い時は多く買い、金額高い時は少なく買うことになります。

株式や債券投資の基本は、なるべく低い金額で多く買って、なるべく高値で多く売却することですので、ドルコスト平均法はまさしくこの通りに投資しているのです。

株式は自分の都合では購入単位が大きいので、なかなか一定金額で購入することはできませんが、投信の場合は購入数は関係なく、実際に金額優先で購入することができますから、毎月一定の金額で購入することが可能です。

長期間(10年以上)保有しないと意味ない

ただし、インデックス投資とともにドルコスト平均法も、利益をあげるためにはある程度長期間継続することが必要です。

 

まとめ

投信についてまとめてみました。

投信は、株式投資する安全・確実にそれなりの結果を得ることができる投資方法です。

当面の間大きな資金は必要ないけど銀行は金利が低いなあと思っている方に、現時点で一番オススメな投資方法です。

最近はネット証券の台頭で、ホームページで簡単に投信を購入できるようになりました。

まずは一度購入してみることをオススメします。

慣れてきたら、証券会社によっては毎月一定金額を口座から自動的に引き落としして指定した投信を購入できる仕組みがりますから、財形貯蓄のような感覚で始めることができます。

10年以上のスパンで積み立てていけば、最終的な利益は、おそらく財形貯蓄よりはるかに良いものとなるでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ダンシーズ(DANXYZ)|仕事術・ライフスタイル・副業情報ならの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダンシーズ(DANXYZ)|仕事術・ライフスタイル・副業情報ならの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

かのっち

かのっち

大手企業の子会社で長年にわたり総務部員を務めてきた「何でも屋」です。事業の立ち上げからセクハラ・パワハラ対応、研修、人事考課、採用、パソコンからの情報漏洩処理・・・何でもやってきました。

今は過去の経験を生かし、個人や法人が向上するためのお手伝いをしています。

私の記事で、一人でも多くの人の仕事やプライベートが充実し、人生が向上すれば本望です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 夏休みに行くべき旅行先ランキング。友達と行きたい場所10選。

  • プロポーズのシチュエーション4選!【男性必見】女性が憧れるものをご紹介

  • 【プロポーズの言葉】女性が感激するセリフはコレだ!

  • もうカメラの撮影場所には困らない!ここは押さえておきたい、全国のオススメの撮影スポット14箇所をご紹介

関連記事

  • 【安全・確実?】初心者にオススメな株投資5つの方法

  • 【株式市場の不思議】業績不振でもマクドナルドの株価が下がらなかった理由を徹底考察

  • 100万円から投資しよう!初心者にもお勧めの投資方法3つ

  • 【サラリーマンの投資術】何から始めるべき?素人がまずやるべきことを徹底解説

  • 株主優待券が実質タダ!?クロス取引の具体的な方法とは

  • 「株主優待の桐谷さん」を真似しよう!株主優待で生活を豊かにする方法とは?